アニメ

呪術廻戦 アニメ あらすじネタバレ

呪術廻戦 漫画

呪術廻戦は2010年から掲載された芥見下々の少年ジャンプで連載された漫画作品です。

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が呪物の封印を解くきっかけをつくってしまい、化け物が現れる。
虎杖は、取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込み・・・・

『呪術廻戦』漫画コミックは現在14巻(2021年1月)

『呪術廻戦』あらすじ

虎杖悠仁は両親がいなくおじいちゃんと暮らしていた高校生だった。

あるとき入院していたいじいちゃんはゆうじに、「おまえは俺のようになるな。

お前は強いから人を助けろ」と言い残して死んでしまう。

その時、ゆうじは何のことかわからなかったが、高校で呪いの「呪霊」に出くわしてしまい先輩を助けるために戦うことに。

その時、ゆうじは伏黒恵に出会う。

伏黒は呪術師だった。

そしてその時、おじいちゃんの言葉を思い出し、「人は正しく死ななきゃいけない」

と伏黒とともに呪霊との戦いに挑む。

ゆうじはその戦いで勝つために両面宿儺という強大な呪霊の指を飲みこみ

自分の身体に両面宿儺を取り込んでしまうという暴挙に出る。

ゆうじは両面宿儺に人格を支配されずにコントロールし呪霊を倒す。

その後虎杖は伏黒と彼の師である五条悟の勧めで、両面宿儺の力を御するため、呪術師を目指して呪術高等専門学校に通い始める。

それから、虎杖悠仁のほんとうの戦いがはじまるのだった。

 

呪術廻戦・見どころ

虎杖悠仁は、呪術を身につける前からとんでもない身体能力の持ち主

でした。

50mを3秒で走ったり・・・・世界記録ですよね^^!

それに体質もありえない特異体質。

猛毒の指を宿儺の指を食べてしまっても、平気で生きているし、宿儺を身体にとり

こんでも意識は支配されず自分のまま、と超レア級の能力をもっているという

超人主人公で。

まさに鉄板少年漫画キャラだと思って、呪術廻戦を途中まで見ていたら

気づきました。

この話「NARUTO」の構図そのままだと。

ます主人公の虎杖とNARUTOのキャラがかなり似ている。

能天気で正義感強く、特別図抜けた才能の持ち主。

そして自身の内側にはとんでもない魔物が棲息している。

呪術では数々の「宿儺」を、NARUTOの中には九尾のキツネというふうに。

話の筋はというと、テーマは忌むべき邪悪な存在と戦うこと。

そして戦士としてまだ駆け出しのレベルから先導者たちの指導により
さらに強くなっていく。

高レベルの教官の存在・・・五條悟・・・カカシ先生によって

育てられる。

新人達の力比べ大会的な、イベントで若者が戦いあう・・・

呪術廻戦では「交流会」とNARUTOでは「中忍試験」

強い敵の上にはさらに強い強敵、そしてその上にはまたさらに強い敵キャラ
が存在し、どんどん戦いは壮大になっていく・・・

みたいな、まったく同じストーリー構図ですよね。

まあある意味鉄板の少年漫画ストーリーのフォーマットかもしれませんが。

ですのでこれはパクリだとか騒ぎ立てるつもりではなく、

形がわかりつつもやはり面白いものは面白いのだと思います。

 

「呪術廻戦」漫画を読むには

「まんが王国」ならネットで呪術廻戦を読めます。

まんが王国はポイントで各巻を購入できます。

まんが王国のポイントは使えばまたポイントがついたりするのでその分お得に

利用できるのがうれしい所。

呪術廻戦 アニメ

呪術廻戦はアニメドラマも制作されています。

呪術廻戦アニメ作品は

U-NEXTで見ることができます。

 

Source: あにまにあっくパーク

-アニメ
-