特撮「マグマ大使」はゴアの顔がすごかった・現代版紹介

「マグマ大使」は1960年代の手塚治虫の漫画です。

昭和に特撮でテレビで放映されており幼いころ夢中で見てました。

ストーリー

マグマ大使は地球の創造主アースが、地球侵略を狙う「宇宙の帝王」ゴアとの戦いのために生んだ「ロケット人間」である。

マグマ大使は、アースがマモル少年に与えた特殊な笛によって呼び出すことができる。

マモル少年たち正義の味方は、地球征服を企む宇宙の帝王ゴアと戦い地球を守ろうとする。

特撮版

昭和の40年代くらいに放映されていたと思いますが、私は子供のころなにしろその映像の

リアルさ、迫力に夢中になっていました。

征服者「ゴア」の顔が銀色にヌメヌメと光って心底怖かったのを覚えています。

 

少年まもる君がもっている笛を吹く数で、マグマの息子 ガム、妻 モル、マグマ大使を呼べるって

特権がとても素敵なことに思え、マモル(江木俊夫)がうらやましくしょうがなかったです^^

江木俊夫はのちフォーリーブスで歌手デビューしましたね。

 

そして何しろマグマ大使はかっこよくて頼もしくて絶対ヒーローでした。

 

 

マグマ大使動画をみるには

 

今、このマグマ大使特撮版をもう一度見たいものです。

 

で、動画配信サービスで見たいと思っても、この特撮版はどうもどこでも

配信していないようです。

しかしマグマ大使は1990年代に制作されたアニメ版があります。

こちらは全13話の動画で、U-NEXT、Videomarket などで見ることができます。

 

U-NEXTでマグマ大使を見る

 

Source: ゆるはやまとめch

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です