「ウチに住むオトコ」 不死身な男コ・ナンギル(キム・ヨングァン)

韓国ドラマ「ウチに住むオトコ」ストーリー

CAとして働いているホン・ナリ(演:スエ)は母を亡くし、一人で暮らしていたが、母が持っていた家に帰るとそこには
若い男コ・ナンギル(演:キム・ヨングァン)がなぜか居座っていて、彼はホン・ナリの母と結婚したので、ホン・ナリの父だと主張する。

コ・ナンギルには過去に深い秘密があり、複雑な事情により巻き込まれていく運命の展開が待っていた。

「ウチに住むオトコ」公式サイトより

 

「家に住むオトコ」レビュー

コ・ナンギルは過去に悪徳消費者金融のボスに育てられ、大人になってからはその金融会社で「伝説の男」と呼ばれるほど凶暴だったという設定だ!

確かに背が高くキレがよさそうでケンカに強い気はしますね。
だけど相手が何十人いようと一人でぶちのめすし、ビール瓶やこん棒で後ろから殴られても、何しても絶対死にやしないし、
ありえないほどむちゃくちゃ不死身なのです。

話はコ・ナンギルとホン・ナリのラブストーリーを中心に展開していくのですが、二人が酔っぱらって顔を赤らめてイチャつく?シーンがかわいいですね。

わざとらしく赤く染めたメイクなのですが・・・

「ウチに住むオトコ」公式サイトより

わき役で当初ただの悪女であったト・ヨジョ(演:チョ・ボア)が中盤以降やたらと他人のことが気になり、なにかとおせっかいを焼いたり絡んでくるのが
だんだん情の厚いかわいい女に見えてきます。

実際、チョ・ボアは若くて魅力的ですけどね。

キャラは「モンスター」の時にカン・ジファンにやたらと絡むお嬢様の時とほぼ同じですが。。

そして「ロボット」とよばれる人間離れした作り物みたいな顔のイ・スヒョク演じるクォン・ドッポン。

韓国ドラマでは定番中の定番、ヒロインを好きだけど、報われないのになにかと主人公達を助け、味方するわき役です。

「ウチに住むオトコ」公式サイトより

まったく無表情なだけに無償の愛ってかんじでちょっと可哀そう。

コ・ナンギルはホン・ナリの土地を守りたいだけなのだが、恐ろしい闇の金融会社「ダダ金融」やさらにバックにある闇組織と戦わなければならない羽目になっていくという危険な状況に。

子供の時代からずっと愛していたホン・ナリと単純に結ばれればいいのでしょうが、いくつもの試練が待ち構えているってわけです。

 

 

 

Source: ゆるはやまとめch

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です